株式会社うめたに

(旧梅谷仏具店)

お知らせ

八月に入りましたが、連日暑い日が続きますね。

体調など崩されていませんか?くれぐれもご無理はなさいませんように。

 

お盆も目の前、「うめたに」には盆提灯やお盆商品をお買い求めにたくさんの

お客様にご来店いただいております、ありがとうございます。

 

さて、今回は「御位牌」のお話。

冒頭のピンクのかわいらしい置物のように見えるこちらも「御位牌」です。

 

お墓のお話からはじめますと、墓石はもともとは仏舎利(釈迦の遺骨)を納めた塔、

「ストゥーパ」(卒塔婆)が起源だとされています。

 

仏壇はご先祖様が往生した極楽浄土を象徴しており、位牌もこのストゥーパを

コンパクトに再現したものといえます。

 

一般的には四十九日までにお寺様に白木のお位牌に書いていただいた

戒名を本位牌にすることが多いようです(地域や宗派によっても違いますので

お寺様に詳しくは御確認下さい。)

 

本位牌には金箔や漆を塗りこんだ塗位牌。

黒檀などで作られた唐木位牌があります。

塗り位牌や唐木位牌は専門の職人が文字入れする仕様になっています。

 

また、こちらでは福岡発祥の博多回出(くりだし)位牌もお取り扱いしております。

白木の板が左右で計20枚前後はいっており、普通の回出位牌の倍のご先祖様が入ります。

こちらはお寺様に墨でご記入いただく御位牌です。

 

また、浄土真宗では「御位牌」の代わりに過去帖が使われることが

一般的のようです。

こちらも法名はお寺様にご記入いただくものになります。

 

「うめたに」では多数の御位牌、過去帖をご用意しています。

デザインも様々、戒名の書き、彫りもお受けしております。

ただ、「書き」も「彫り」も完成までに約2週間を要します。

御注文はお早めに御検討下さい。

 

盆提灯、展示販売中、紋入れの受付は8月5日までです。

今月の店休日は8月16日(木)、27日(火)です。

また8月13日~18日までは営業時間が9時30分~17時に変更になります、

ご注意下さいませ。